キーワード選定続き

キーワード選定の続きです。

キーワード選定は、ただキーワードを選べばいいというわけではありません。
初心者がそのキーワードで上位表示するためには、どうすればいいのか

それは、
→ライバルが弱いところで上位表示する

です。

私が以前、サイトアフィリをやって挫折したのは、
キーワード選定を適当にやって、ライバルがウジャウジャいるところに
入っていってしまったからです((;^_^A)

上位表示も出来なければ、自分のページすら見てもらえないんですもの。
それは稼げませんよね。

ライバルが弱いところで上位表示するためにどうすればいいのか
というと、

→ライバル調査をする

です。

ペラテン塾では、キーワード選定シートがあるといいましたが、
そのシートの項目の中に、ライバル調査用のシートがあります。

一つのキーワードに対して、上位20サイトがどんなサイトなのかを
記入するシートです。

ライバルサイトの文字数
記事内容
無料ブログなのか
中古ドメインか
サイト全体のインデックス数はどれくらいか

などを記入します。

シートを書き込むことで、そのキーワードのライバル調査が出来るのです。
書き込めば、もう一目瞭然。どのキーワードが弱いのかが分かります。

ただ!!この作業、すんごいすんごい(どれだけ!)
めんどくさいんです!!!( ;∀;)

もうね、泣きたくなるくらいになるときあります。
それくらい、地味~な作業です。

この作業が楽になるツールもありますが、
ツールで出てきたものがどんななのか自分で分からないと
ツールを使っても意味がないので、

まずは、自分で分かるまでやってみようと思っているのですが
毎回、ツールに頼りたくなる自分と戦ってます(笑)

そうやってライバルの弱いキーワードを見つけて
選んでいくのですね。

新商品の場合、まだ発売されて間もないこともあって
上位サイトは、同じサイトだったということもしばしばなので

選んだキーワードすべてで上位表示するつもりで
記事を書けば、それも可能かもしれないと思わせる状態です。

そうなったらおもしろいですよね。

キーワード選定をものにすることが出来れば
稼げるのも大きくなりますから!(#^.^#)
コツコツとやるのみです。

ライバルサイトの調査が終わって、
弱そうなキーワードを選んで、塾長のOKが出たら
次は、いよいよライティングです。

コメントを残す