悩みキーワードの選び方で撃沈

ペラサイトの肝であるキーワード選定。

キーワード選定には二つの方法があると以前に書きました。
商標キーワードと悩みキーワードですね。

初心者は成果までの距離が短い商標キーワードからやるのがいいということで、商標キーワードからはじめました。

次は悩みキーワードです。

塾長から、「マニュアルを読んでもいざ探すとなると、難しいと思います。なのでマニュアル読んで、探してみて、分からなかったら教えますので連絡してくださいね~」と言われていました。

でも最初の悩みキーワードサイトはけっこうすんなりいったので、
「そんなに難しくないじゃん!」なんて高を括っていたわけですよ。

そしたら2つ目の悩みキーワードをみつけようと思ったら・・・Ω\ζ°)チーン
全然見つからない(汗)

ようやく見つけたと思ったら、ライバルが強すぎるということで却下。

ライバルチェックの時になんとなく感じてました。
ああ、公式サイトが多いな。
ああ、個人の大型サイトがいくつもある~。
ああ、こんなサイトの上にペラサイトがくるなんてありえない・・・

調べれば調べるほど、ライバルが強いのが分かるわけです。
(地味ーな作業のおかげでライバルサイトチェックはだんだん分かるようになりました)

撃沈です。

そこで塾長からヒントをもらったのは、

●ライバルが弱いものが見つからなければキーワードの言い換えをしてみる

ということでした。

要は、同じ意味だけど、違う言い方で探してみて。ってことですね。
たとえば、「料理キット」なら「ミールキット」にしてみるとかですね。

ランディングページから拾ってきたキーワードで、違う言い方をするものを
探してみるのですが、

天下のGoogleさんは、最近、言い方が違っても同じ意味のものを拾ってきてくれるので(泣)
結局ライバルは同じ・・・という。

でも何か突破口はあるはず。
ということで、現在も黙々と探しております。

この経過はまたご報告します!

コメントを残す